ayanohk’s blog

香港移住2年目。香港のおすすめ情報や、趣味のアジアのリゾート地巡りのおすすめを紹介します。

【2019年カウントダウン】香港の花火はどこから見るのがおすすめ?穴場スポットは?

スポンサーリンク

香港の花火イベントカウントダウンの写真

香港では年4回(旧正月、返還記念、国慶節、カウントダウン)、ビクトリア湾で大々的な花火イベント(花火大会)が行われます。

もうすぐその1つのニューイヤーカウントダウンの花火イベントがあります。実際どこで見たらいいのか分からなく、結局チムサーチョイに行き人混みにうんざりして帰って来た、という方も多いかと思います。

今回は、ここ数年何度も香港の花火イベントに参加した私のおすすめする鑑賞スポットや混雑が嫌いなかた向けに穴場スポット、意外と香港島でも綺麗に見えるスポット、また当日の公共機関についてもご紹介しています。 

 

香港の花火(大会)はいつ行われるの?

1月もしくは2月の旧正月(春節)、7月1日の返還記念日、10月の国慶節、そして12月31日年末年始のカウントダウンの4回です。しかし、その花火のイベントの前に大きな事故などがあった場合は自粛し、花火が中止になることがあります。

年末年始のカウントダウンだけは0時ジャストから行われますが、他の花火は20時からです。

香港の花火って実際どうなの?

香港の花火カウントダウンの写真

https://hongkong.keizai.biz/

日本の花火に慣れているとそこまで「すごい!」と思うような花火ではない、という声もたまに聞きますが、私は香港のあの素晴らしい夜景に花火、というだけで見る価値はあるかと思います。

日本の繊細な”匠の技”的な花火に比べると、香港の花火はとりあえず打ち上げて打ち上げて”派手さが命!”みたいなところがあり迫力がすごいです。最近は色々な仕掛けや文字が出るようになってきましたが、短い時間にとても多くの花火が打ち上げられるので、大阪の天神祭りやPL花火大会を見ている私でも見ごたえはあるな、と感じます。

海から上がる花火もあるので、前に人がいると見えない場合があるので注意してください。

2019年香港カウントダウンの花火は?

香港の花火カウントダウンの写真

今年2018年12月31日のイベント予算は1400万香港ドル(約2億円)と昨年よりも200万香港ドルほど減りましたが、例年通り盛り上がること間違いなしのイベントです。今年も音楽と香港のビル群からのレーザーショーの光とともに打ちあがる予定です。

今年の花火メーカーは国際的な賞を受賞したこともあるイタリアの企業で、今回のプログラムは「天空の万華鏡(Celestial Kaleidoscope)」と名付けられ、次々に形や色を変える万華鏡のように変化する花火の予定だそうです。フィナーレは1分間に45種類の花火が打ち上げあれるようなので楽しみですね。

また、カウントダウンの始まる1時間前の23時からは15分毎(23:00/23:15/23:30/23:45)に、香港島の海沿いのビル屋上から流れ星をイメージした花火があがります。ちなみに0時から10分間だけの花火です。

年末年始の交通は?

その日は24時間地下鉄(MTR)が動いており、夜バスも通常通り運行しています。しかし、花火が終わったあとは、駅は入場制限しています。タクシーはなかなか捕まりにくく、言い値の場合もあるので注意してくださいね。

香港で花火を見るおすすめのスポットは?

《売切》一番楽なのは「クルーズ船」から鑑賞

香港の花火カウントダウンの写真

一番のお勧めはゆっくり鑑賞できる「クルーズ船」からの鑑賞です。旧正月、返還記念日、国慶節、カウントダウンの花火があがるイベントには必ず観賞用クルーズが多くあります。日本の旅行会社もいくつかクリーズ船のツアーがありますが、今年のニューイヤーカウントダウン分はどこも12月初旬ですでに売り切れとなってしまいました。

費用はクルーズ会社や内容(食事のコース)によって異なりますが、350ドル~なので、食事トイレの心配がなく、かつ間近で迫力のある花火が見たい場合は、クルーズ船一択だと思います。

もし今後こういうイベントの際は、早めに予約をとることをおすすめします。 

一番有名な花火のスポット「プロムナード」

香港花火プロムナードの写真

恐らく香港で一番人が集まっているであろうチムサーチョイ。香港のどこで見るよりも一番迫力があり、花火が正面に見え、人も多く盛り上がること間違いない「プロムナード」。しかし、ここで花火を見るのには相当の覚悟が必要です。

正面に花火が見え、かつ他の人が写り込まない視野を確保するためには、夕方頃から場所取りが必要です。当日は毎日行われている20時からのシンフォニーオブライツの後ですら人のはけが悪い状態です。例年22時頃には、安全のためプロムナードの入場規制がされ、その後は、ペニンシュラホテルの前の道路からハーバー沿いにはいけないように規制がされます。

またネイザンロードは歩行者天国となるため、カウントダウンの10分前頃はチョンキンマンションあたりまで人が集まるため、花火が終わった後も大変です。  

高いけど香港の花火を見るなら「ホテルから」が一番楽

香港ペニンシュラホテルの写真

静かに花火が見れ、帰りの交通のことやもみくちゃにされる心配がないのが、「ホテルでの鑑賞」です。

おすすめのホテルは下記5つのホテルです。

  • ペニンシュラホテル
  • インターコンチネンタルホテル(2019年より改装、その後リージェントホテルへ変更)
  • シェラトンホテル
  • ハイアットリージェンシー
  • マルコポーロ(角度が少し微妙)

ビクトリア湾沿いのシービューの部屋から見るのが一番ですが、この時期は元々高い上にさらに料金が上乗せされ高額となり、気軽に泊まれないのが現状です。シービューの部屋でなくても、ホテルのクラブルーム(軽食ができる部屋)やホテル宿泊者しか利用できないプールやジムのある部屋を開放し、花火鑑賞ができるようになっています。

しかし、大晦日の1泊だけという予約はできず、最低でも2泊以上宿泊する必要があります。

※リッツカールトンなどあまりにも高さがあるホテルになると、花火を見下ろす形になるため花火目的の場合はあまり高層のホテルではないほうがおすすめです。

THE ONE16階から

チムサーチョイのショッピングモール「THE ONE」が無料で開放するようです。競争率高そうですが、明日29日から入場券を配るようなので興味のあるかたはぜひ行ってみて下さい。

◆活動内容

  • 日時:12月31日(月)
  • 時間:夜23時~
  • 場所:The ONE L16 The AIR

◆無料入場券の配布方法

  • 日時:12月29日と31日の2日間のみ
  • 時間:12~22時まで
  • 場所:The ONE L2禮品換領處(プレゼント引き換えコーナー)

※1日200枚限定配布、1人4枚まで。無くなり次第終了。

穴場スポット1:ホンハムのフェリー乗り場

www.instagram.com

真正面にこだわらない、人混みも得意じゃない、でも花火は見たいという方は、ぜひ「ホンハムのフェリー乗り場」付近へ行って下さい。ホンハムのフェリーからチムサーチョイよりはプロムナードになっています。

www.instagram.com

チムサーチョイのプロムナードから見る景色と比べると、花火の迫力には欠けますが、綺麗に花火が見れるためおすすめです。このエリアには日本人が香港一多く住んでいるため、日本人遭遇率が一番高いです。

穴場スポット2:尖東のバイパス「紅磡繞道」

www.instagram.com

尖東とホンハムの間にある道路、紅磡繞道(Hung Hom Bypass)から見る花火もおすすめです。ここはバイパス道路ですが、当日はこの一帯車は通行止めとなり、歩行者天国なので、道路に上がることもできます。

2階建てバスのツアーを利用した方ならわかると思うのですが、左手にビクトリア湾があり、そこをジェットコースターみたいに下がる道路が紅磡繞道(Hung Hom Bypass)です。 

穴場スポット3:ハーバーシティーオーシャンターミナルの駐車場

www.instagram.com

今年はこの駐車場の上に展望台ができたので、穴場でもなくなってしまいましたが、それでもプロムナードに比べると人も少なく、綺麗に花火もみれるため「オーシャンターミナルの駐車場」はおすすめです。

当日は夕方から車の出し入れができなくなるため、ほとんどの車が止まっていない状態です。穴場ですが、人もそれなりにいるので、22時頃には着いておくのがいいかと思います。

香港島で花火を見る場合は?

花火はビクトリア湾で打ち上げられるので、もちろん香港島からでも見ることができます。ただ、海から打ちあがるタイプの花火だと場所によっては見れないこともあります。

やはり正面から見るとなると九龍側がベストなため、香港島は割と人が少ないです。香港島のホテルに泊まっているけど、わざわざチムサーチョイに行くか迷っている人は参考にしてください。

中環(セントラル)のフェリー乗り場

www.instagram.com

香港島で一番迫力のある花火が見れるのは、セントラルフェリー乗り場9番、10番のあたりです。海から打ちあがる花火までしっかり鑑賞することができます。

しかし、ここも人が多く混雑しています。大晦日は23時まで近くでイベントをしているので今年は余計人が多いかもしれません。

湾仔のコンベンションセンター前の海岸サイド

www.instagram.com

ここも香港島からとてもきれいに花火を鑑賞できるスポットです。金紫荊広場(Bauhinia Square)辺りもとても人が多いですが、海からの花火も綺麗にみることができるためおすすめです。

添馬公園(Tamar Park)

www.instagram.com

こちらは芝生の上で座って鑑賞するタイプの場所です。開始3時間前になると人でにぎわっていますが、みんな座って鑑賞しているので後ろからでもキレイに花火を見ることができます。

香港の花火ベストスポットのまとめ

カウントダウンの花火イベントは毎年35万人も集まると言われています。人混みの中、スリもいるかもしれないので、貴重品には気をつけてください。また歩きやすい格好で行かれることをおすすめします。

今年の大みそかは当日は12度前後と大変寒いので防寒具を持参することをおすすめします。特にフェリーで見られるかたは予想以上に寒いので注意してくださいね。

 

参考になった場合はクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村