香港の旧正月に食べる縁起のいい食べ物は?

2019 11/29
香港の旧正月に食べる縁起のいい食べ物は?

香港の旧正月は、日本のおせち料理と同じようにお正月料理を食べる習慣があります。そのほとんどが香港では”縁起のいい食べ物”とされているものになり、日本のおせちとは全く異なった食材ばかりです。

ここでは香港の縁起のいいお正月の代表的な料理を紹介します。今回紹介するお正月料理はレストランでも提供されるので、旧正月の香港を訪れた際は、味わってみてはいかがでしょうか。

目次

香港の旧正月(春節)に食べる縁起のいい食べ物

大鉢のごちそう「盆菜」

香港の旧正月(春節)に食べられる縁起のいい食べ物盆菜

お正月の定番料理「盆菜(プンチョイ)」は、日本でいうお節料理にあたる伝統的な料理です。元々は新界のみの文化でしたが、ここ10数年前から香港全土に広まって行きました。

盆菜は日本のお節と同様、家で作る家庭もあったり、購入する場合もあります。またレストランで食べるということもあります。

大きな鉢に大量の具材を幾重にも盛り、大勢で取りわけて食べます。アワビ、エビ、蟹、ホタテ、豚肉、牛肉、鶏肉、キノコ類、大根などが9~12層に重ねて盛り付けられ、一皿で10人前以上のボリュームがあります。具材は混ぜ合わせず、一層ずつ上から食べていきます。

※「大鉢のごちそう」を意味する盆栽は、色々な由来があると言われていますが、その1つが、南宋王朝(1127~1279年)の皇帝がモンゴル軍の侵攻に遭い、新界に身を隠していたときに生まれた料理と言われています。村民たちは、ありったけのごちそうを大きな洗い桶に入れて皇帝に献上したとのこと。盆菜はここ10年ほどで香港独自の食文化となり、無形文化財にも指定されています。

女性に人気な意外なもの「豬手」 

香港の旧正月(春節)に食べられる縁起のいい食べ物

豚の手と書きますが、豚足のことを指します。「豬手」は”運がいい”という意味を表す「就手」と同じ発音なことから、縁起物の1つです。香港では豚足の専門店まであるほど、人気の食べ物です。よく煮込まれた豚足は、美容効果も期待できるので、女性にとても人気です。

ラッキーカラーの「烤乳猪」

焼かれた皮が縁起のいい赤になることから、お正月や結婚式などお祝い事のときに食べられる料理です。パリパリの皮はとても美味しいのですが、処理が甘いと頭の部分は若干ニオイがするので避ける方がいいと思います。

商売繁盛を願う料理「髪菜蠔豉」

香港の旧正月(春節)に食べられる縁起のいい食べ物

No Image
玻璃朱城玻璃朱Bonnie,廚藝學校Cooktown創辦人及校長、為香港人氣飲食作家,TVB「我係小廚神3」擔任專業評判,亦是 Viu TV 煮食節目「煮餐飯有幾難」主持之一、一直為「飲食男女」...

旧正月の代表的な食べ物です。縁起のいい2つの食材「髪菜」と「蠔豉」が合わさって”商売繁盛(發財好市)”という意味があります。

◆髮菜

髪菜はネンジュモ族の藍藻の一種で、海藻のようなものです。髪の毛に似ていることから「髪菜」と呼ばれているだけで、実際髪の毛が入っているわけではありません。髪菜は広東語の”發財(財を成す=儲かる)”の発音に似ていることから縁起のいい食材とされています。人気のある食材のため、年々ニーズが増加していましたが、環境破壊(砂漠化)になることが原因で、2000年頃中国では採取・加工・輸出が禁止されてしまいました。

そのため年々価格が高くなり、偽物も出回るようになっています。また2007年にはアミノ酸毒素BMAAが含まれてるという報告もありますが、それでも今でも人気の珍味食材です。近年はもずくで代用しているお店も多いです。

◆蠔豉

蠔豉は干し牡蠣のことで「好市(市場活性の意味)」と同じ発音のため、縁起がいいとされています。好市は豊市といわれることもあります。

干し牡蠣はこの料理だけでなく、蒸す・炒める・煮るなど様々な料理に使われ、旧正月では大量消費される食材です。

様々な種類のあるお餅「年糕」

香港 旧 正月 食べ物年糕の写真

日本でもお正月はお雑煮やお汁粉などお餅を使うことがありますが、香港でも同じような習慣があります。香港で旧正月にいただくお餅は「年糕」といい、「糕」は「高」と同じ発音なので、”年々高く”という縁起のよい意味の言葉である「年年高」の音にかけて、新年の運を呼び込む縁起物となっています。

香港の年糕は、もち米だけで作られているわけではなく、飲茶メニューでも人気の大根餅(蘿蔔糕)やココナッツミルクを使ったココナッツ餅(椰汁年糕)、タロ芋を使ったタロ芋餅(芋頭年糕)、くわいを使ったクワイのお餅(馬蹄年糕)などいくつかの種類があります。

月餅のように人に配る習慣がある

9月の月餅のように、旧正月になると親戚や知り合いから有名レストランの年糕や、レストランの年糕の引換券をもらうことがあります。

ペニンシュラホテルでは「年糕」とお菓子のセットが販売されています。

香港旧正月に食べるもの年糕の写真(ペニンシュラ)

お手頃な価格のMaximグループからも毎年「年糕」が発売されています。

香港旧正月に食べるもの年糕の写真美心

賞味期限の短いものばかりなので、もらったかたは早く食べましょう。

お魚料理:”年年有餘(余)”ゆとりある生活になるために

中国や香港には”毎年経済的に余裕がある、お金が残る”という意味の「年年有餘(余)」という言葉あります。この「余」と「魚」の発音が同じであることから、「年年有魚」といい、毎年ゆとりのある生活ができますように、という願いを込めて大晦日、旧正月の時期に魚料理を食べる習慣ができました。

中国では魚が縁起のよいモチーフになっている理由はこのためです。

胡麻団子「煎堆」も縁起のいい食べ物

香港の旧正月(春節)に食べられる縁起のいい食べ物

「煎堆」はいわゆる胡麻団子のことで、白玉粉を使った生地の中に甘い小豆やキノコなどの塩味の具材を入れ、表面にゴマをたっぷりまぶしてあげたものです。

揚げられていて金色になっているので、金運アップという願いと、丸くお団子に似ていることから一家団欒ができるようにという願いも込められています。 

香港の旧正月に食べる縁起のいい食べ物まとめ 

日本のおせち料理とは全く違う食材を使うものが多く、日本人には驚きのものばかりかと思いますが、この時期に香港旅行された際はぜひお試しください。

また大晦日(今年は2月4日)は”団年飯(年夜飯)”と言って家族そろって豪華な食事を楽しむ習慣があり、夕方は早く家に帰る人で渋滞になるので気をつけましょう。お正月は一部レストランも閉まっていることもあるので注意が必要です。

 

香港の旧正月に関する他の記事

 

香港の旧正月のイベント(花火やお祭り)について 

あわせて読みたい
【2019年最新】香港の旧正月のイベントはなにがあるの?
【2019年最新】香港の旧正月のイベントはなにがあるの?香港の旧正月には楽しいイベントがたくさんあります。ここでは旧正月のイベントを楽しめるコツなど紹介していますので、2月に旅行に来る方は参考にして下さいね。

 

 香港の旧正月はみんなにお年玉を配る

あわせて読みたい
香港在住日本人はお年玉(レッドポケット/利是)を渡す渡さない問題
香港在住日本人はお年玉(レッドポケット/利是)を渡す渡さない問題旧正月まであと約2週間。香港の街は旧正月の飾りつけが完了し赤で埋め尽くされています。お正月の風物詩と言えばお年玉ですが、香港でもRed Pocketと呼ばれるお年玉(利...

 

Blogランキング参加中。応援(クリック)よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
目次