MENU
カテゴリ
AYA
2016年~香港移住。 香港旅行のスポット情報・グルメ情報を紹介中。その他、台湾、アジアのリゾートも。Twitterではデモ情報や毎日の天気もつぶやいているのでそちらも見てみてください!

香港の新型コロナウイルス(COVID-19)の状況(2021年4月11~20日):香港市内で変異株感染者が発見される

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する香港のニュースをまとめています。

香港・中国深センにお住まいの方や香港旅行を控えている方はご確認ください。

目次

香港のコロナウイルス(COVID-19)感染状況  [4月21日現在]

  • 感染者11,704名
  • 死亡者209名

香港政府の発表

  • 香港政府は、現行の感染防止策を4/28まで継続し、今後も感染者が落ち着いていれば4/29に規制を一部緩和すると発表。
  • 香港政府は、海外からの入境時の隔離の緩和についても発表。ワクチン接種を条件に「低リスクとしているシンガポール、オーストラリア、ニュージーランドから入境者は14日隔離→7日に短縮」「中リスク(日本含む)の地域や国からの入境者は21日隔離→14日に短縮」
  • 香港政府は、ワクチン接種の対象者を拡大し16歳以上も接種できるように。今まで30歳以上のみでしたが、これにより現在香港では0〜15歳以外はワクチン接種できるようになりました。4/23(金)より予約開始。 シノバックは18歳以上のみ予約可能なので16.17歳は注意を。
  • 4/14より旅客便の防疫措置が強化。3つの項目に該当する場合、その航空会社の香港着便を14日間停止「同一便に感染者3人以上いた場合」「同一出発地から2人以上の感染者が7日間で2回以上いた場合」「同一便に感染者1人以上及び入境条件に合わない旅客が1人以上いた場合」。また直近7日間で変異株感染者が5人以上いた場合、該当国のすべての旅客便を14日間停止。
  • 香港政府は、水際対策の一環として「香港到着後のPCR検査で過去7日以内にN501Yの感染者が5人以上出た国・地域を対象に香港着便を14日禁止する」という措置を4月20日(火)よりフィリピン、インド、パキスタンに適用。 フィリピンからの禁止にともない、ヘルパーさんの入境に影響があるとのこと。

ニュース

  • BioNTech(復必泰)のワクチンは保管期限の関係から、9月に2回目の接種するためには 8月末に1回目の接種を終わらせておく必要があるとのこと。シノバックは保管期間が長いので接種センターが9月末に運営終了しても病院やクリニックで接種できるとのこと。
  • ワクチン(BioNTech)接種した妊婦さん2人が流産してしまったと言うニュース。衛生署は今のところワクチンが関係ある証拠がないとのこと。 ある薬剤師は、2件の流産に関してはワクチンとの関係性は大きくないとし、妊婦さんがワクチン接種する場合は医師に相談を、とのこと。
  • 昨日4月13日(火)にBioNTechのワクチン30万回分が香港に到着。 前回は4月2日に同じく30万回分が到着していた。
  • 香港では、これまで24人が予約したのとは違うワクチンを受けていたとのこと。 間違えて予約していた場所と違う場所に行ったり、心変わりして違う接種場所に行った人も。 職員が予約記録を確認していなかったことについて関係者には謝罪したと説明。再発防止をすすめているようです。

香港の新型コロナウイルス(COVID-19)まとめ

旅行者向けのまとめ情報です。

新型コロナウイルス情報まとめ(香港旅行者むけ)

飛行機のキャンセルについてはこちら

香港への飛行機のチケットのキャンセルについて

過去のニュースはこちら

▼香港にいらっしゃる際はこちらの情報を参考にしてください。

Blogランキング参加中。応援(クリック)よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

2016年~香港移住。 香港旅行のスポット情報・グルメ情報を紹介中。その他、台湾、アジアのリゾートも。Twitterではデモ情報や毎日の天気もつぶやいています。

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる