MENU
カテゴリ
AYA
2016年~香港移住。 香港旅行のスポット情報・グルメ情報を紹介中。その他、台湾、アジアのリゾートも。Twitterではデモ情報や毎日の天気もつぶやいているのでそちらも見てみてください!

香港の新型コロナウイルス(COVID-19)の状況(2021年11月1~10日):3回目のワクチン接種開始

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する香港のニュースをまとめています。

香港・中国深センにお住まいの方や香港旅行を控えている方はご確認ください。

目次

香港のコロナウイルス(COVID-19)感染状況  [11月11日18時]

  • 感染者12,377名
  • 死亡者213名

香港政府の発表

  • 香港のコロナ対策専門家の大学教授は香港と中国との隔離なしでの行き来再開は来年2月になるとの見通しを明らかにした。 往来再開実現するために中国政府からの条件が提示されていたが、香港はすべてそれを実施する見込み。 (隔離免除の見直し、PCR頻度増、退院厳格化、アプリなど)
  • 香港政府は、中国政府からの指示により11/12(金)から入境時の隔離免除を一部廃止に。 香港と中国を行き来するトラック運転手や航空機の乗員、船員など継続して隔離免除。 何度か感染が見つかった外国からの政府関係は総領事の代表など高位者以外は隔離免除廃止。金融業幹部なども隔離必須に。
  • 香港政府は、3回目のワクチン接種について11/11(木)より開始すると発表。予約は11/5(金)から。 医療従事者など感染リスクの高い人や免疫力の低い人からの接種となる。
  • 香港政府は、近々飲食店の利用者にアプリ「安心出行」を義務付ける見通し。 中国との隔離なしの往来再開の条件にこのアプリ義務付けが入っている。議員は「早ければ11月中開始」と述べた。 すでにバーなど夜10時以降も営業できる一部の飲食店(CやD類)にはすでにアプリ義務化されている。
  • 香港政府は、香港国際空港の国際線と中国大陸線の旅客を分けることを検討している。 出発・到着エリアのそれぞれを中国線、国際線に分けるだけでなく、空港職員や航空会社の従業員も中国担当と国際線担当にする方向。
  • 香港政府は、コロナ防疫措置を11月24日(水)まで延長すると発表。 80歳以上の高齢者のワクチン接種率は15%と他の年齢層に比べるとかなり低いため、第五波に備えてできるだけ早く接種するよう政府は呼びかけている。

ニュース

  • 香港のコロナ感染専門家の大学教授は、 シノバックワクチンを2回接種完了済みの人は、ブースターはシノバックよりもコミナティを接種したほうが抗体レベルは高いと述べた。 また3回シノバックを接種した場合、6〜8ヶ月後に4回目の接種が必要の可能性もあるとのこと。
  • 香港政府は、政府機関や街市など入る際にアプリ「安心出行」の提示が義務付けられていますが、偽アプリを使用した際で逮捕された公務員が停職処分に。(湾仔の入境事務所職員2人、審計署の職員1人)
    偽アプリ「安心回家」はすでに削除されていて、警察が開発者の検査を進めている。
  • 香港ディズニーランドのシンボル「眠れる森の美女城」の工事に伴い、2018年から中止となっていた夜の花火イベントが来年5年ぶりに復活と発表! 毎週金曜日・土曜日・日曜日の夜にイベント再開。

香港の新型コロナウイルス(COVID-19)まとめ

旅行者向けのまとめ情報です。

新型コロナウイルス情報まとめ(香港旅行者むけ)

飛行機のキャンセルについてはこちら

香港への飛行機のチケットのキャンセルについて

過去のニュースはこちら

▼香港にいらっしゃる際はこちらの情報を参考にしてください。

Blogランキング参加中。応援(クリック)よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

2016年~香港移住。 香港旅行のスポット情報・グルメ情報を紹介中。その他、台湾、アジアのリゾートも。Twitterではデモ情報や毎日の天気もつぶやいています。

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる